テキスタイルやファッションなどで用いられるチェック柄を10mm間隔にレイアウトしたカッティングマットです。

従来のカッティングマットは作業スペースで使われることを前提として緑や白、グレーといった色彩が使われていました。

ですが、今ではダイニングテーブルで工作をする為にカッティングマットを使うのは普通の光景です。

つまり、一つのテーブルの上で時に飲食する場、時に作業する場となります。

ティータイムの時にはランチョンマットのような使い方もいいですね。

文房具、生活用品どちらかの製品ではなく共存出来る彩のあるカッティングマットの提案です。

top02.png