この円形の時計は文字盤と時針、分針、秒針の機構が別になっています。

時計を転がすと文字盤は回転に沿ってコロコロと転がりますが、針は常に一定の角度を保ちます。

時計は文字盤がなくても成立しますが、文字盤があることによっていつもと違った時間の感じ方をするのではないでしょうか。

コロッケイを転がしながら、未来のことや過去のことに想いを馳せます。

top02.png
top02.png